恋愛

倦怠期を乗り越えろ!紙ヒコーキで出来るおまじない

↓おまじないはこちらから!↓

早速おまじないを試す
fatigue

紙ヒコーキで出来る!倦怠期を乗り越えるおまじない!

紙ヒコーキ、グリーンのペン、赤い糸を使った方法

倦怠期を乗り越えたい人におすすめの、元通りの二人になるおまじないです。

おまじないステップ1

まず、裏も表も白い紙で紙ヒコーキを作ります。

折り方はシンプルなものでも構いませんし、こだわってみても良いでしょう。

おまじないステップ2

紙ヒコーキを折ったら、翼に当たる部分に、グリーンのペンで恋人とあなたのイニシャルを並べて書きます。

そして赤い糸を縫い針に通し、恋人のイニシャルとあなたのイニシャルの間に糸を通しましょう。

糸の両端が表側へくるようにし、糸を蝶結びにします。

おまじないステップ3

すべての準備が終わったら、部屋の中で紙ヒコーキを3回飛ばしてください。

飛ばし終わったら紙ヒコーキは机などの引き出しにしまい、大切に取っておきましょう。

このおまじないの効果

裏も表も真っ白な紙は、出会った時のようなフレッシュなふたりを表します。

一緒に過ごすことでなんとなくマンネリ気味になっていたふたりの関係を、以前のような新鮮な状態に戻してくれるのです。

さらにその効果の手助けをしてくれるのが、グリーンのペンです。

グリーンも、新鮮さやフレッシュなイメージを持っている色。グリーンからみずみずしい野菜を連想する人も多いでしょう。

そしてグリーンは癒やしの効果を持っている色でもあるので、ケンカで傷ついた気持ちやふたりの間にある気まずい雰囲気をなごませてくれます。

そんな効果のあるグリーンでイニシャルを書くことが、このおまじないの大きなポイントなのです。

赤い糸は、言うまでもなくふたりの間を結ぶ糸ですね。

イニシャルの間で蝶結びにすることによって、あなたと恋人の仲をしっかりと結びつけてくれるでしょう。

このおまじないの効果を更に高めよう

紙ヒコーキを作るための紙は、レポートパッドのようなものから剥がすのではなく、一枚の紙として独立しているものを選ぶと効果が上がります。

なるべく真っ白なものを用意すると良いでしょう。

グリーンのペンは、インクの濃さにさまざまなものがあると思いますが、自分がいちばん気に入った色合いのものをセレクトします。

色は気持ちやイメージを左右しやすいので、自分にとっていちばん心地よいと感じるものが良いのです。

ただし、あまりにも薄い色合いだと、効果が下がってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

イニシャルはふたつともハッキリと書いてください。また、赤い糸はなるべくほどけないような結び方で工夫をすると効果が倍増します。

紙ヒコーキのおまじないで、うまく倦怠期を乗り越えてくださいね。

↓もっと当たるおまじないを知りたい方はこちらへ!↓

早速試してみる

6月30日まで初回無料キャンペーン中!