縁切り

病から卒業!厄介な病気との縁を切ってくれるおまじない

↓おまじないはこちらから!↓

早速おまじないを試す
disease

厄介な病気との縁を切ってくれる縁切りおまじない

砂鉄、磁石、画用紙を使った方法

なかなか病気が治らないという人、辛い病状に悩んでいる人は、このおまじないを試してみてください。

おまじないステップ1

まずは白い画用紙を一枚用意しましょう。

ペンなどで自分を模した人型を描き、その中心に名前を記入します。

そして砂鉄をひとつまみ、胸や頭など具合が悪い部分を中心に人型に振りかけましょう。

そのままテーブルなどに一晩置いておいてください。砂鉄が飛ばないように気を付けましょう。

おまじないステップ2

次の朝、磁石を用意します。

画用紙の下に当て、ゆっくりと砂鉄を動かしてください。

ティッシュなどに集め、人型からすべての砂鉄を移動させます。

取り除いた砂鉄は、土に埋めるかゴミ箱に捨てるかして処分してください。

おまじないステップ3

最後にキレイになった人型を、部屋の壁に飾るかタンスなどの清潔な場所に保管して完了です。

厄介な病気との縁を切ることができるでしょう。

このおまじないの効果

このおまじないに使用する砂鉄は、あなたを苦しめる病魔を暗示しています。

磁石を使ってキレイに取り除いてあげることで、病魔を追い払い病状を回復させることができるでしょう。

今まで治る気配すらなかった病気が、嘘みたいに良くなるかもしれません。

生活に支障をきたしていた様々な症状も、グッと軽くなるでしょう。

おまじない後は本来の運気を取り込むことができるため、丈夫かつ健康的な体になるはずです。

本人以外にも効果があるおまじないなので、病気に苦しんでいる人がいれば試してあげてください。

ただし、誰にも見られないように気を付けましょう。

また、使用する砂鉄は多すぎても少なすぎてもうまくいきません。

ひとつまみという量を必ず守ってください。

砂鉄を取り除いた画用紙も、汚れないように気を付けましょう。

このおまじないの効果を更に高めよう

病気に関するおまじないを行う時は、気の持ち方がとても大切です。

「病気と縁を切り、必ずよくなってみせる」という強い意思を持つようにしましょう。

健康になってやりたいことを自由に楽しんでいる自分を強くイメージするのがポイント。

またおまじないを実行する時は、自分の体から悪いものが排出されていくところをイメージすると利きやすくなります。

おまじないの力を信じて、真剣な気持ちで実行してください。

また、ポジティブな考え方を持つこともとても重要です。

「なんでこんな病気になってしまったんだ」と落ち込むのではなく、「病気になったけど生きている」「周りに心配してくれる人がたくさんいる」と感謝の気持ちを持つようにしましょう。

それだけでプラスのエネルギーが循環しやすくなり、病状が良い方へ傾きやすくなります。

↓もっと当たるおまじないを知りたい方はこちらへ!↓

早速試してみる

6月30日まで初回無料キャンペーン中!