縁切り

依存はもうイヤ!納豆を使って依存心を消すおまじない

↓おまじないはこちらから!↓

早速おまじないを試す
dependent-heart

自分の依存心を消し去ってくれる縁切りおまじない

納豆、水晶クラスター、水道水を使った方法

恋人や友達に頼り切り、自分では何も決められない…そんな人は、このおまじないで自分の依存心と縁切りしましょう。

おまじないステップ1

まずは納豆を一人分用意します。

依存している相手のことを思い浮かべながら、7回時計回りにかき混ぜましょう。

この納豆を、水晶クラスターにぐるりと回しながらかけてください。

大切な人に絡みつく自分をイメージすると良いでしょう。

おまじないステップ2

次にクラスターに触れながら、目を瞑って「私はあなたから離れます」と唱えてください。

そしてすぐに水道水を使ってクラスターについた納豆をよく洗い流します。

ねばつきが残らないよう、しっかりと流しましょう。

おまじないステップ3

落とした納豆は、ちょっともったいないですがそのまま捨ててください。

クラスターをよく拭いて乾かせば、おまじないは完了。

相手に迷惑をかけるような依存心を消すことができたはずです。

このおまじないの効果

ねばねばと糸を引く納豆は、しつこさや執着心の表れ。

あなたの恋人や友達に対する依存心を象徴しています。

放っておくとどんどん悪くなってしまうので、水晶クラスターで浄化して洗い流してしまいましょう。

このおまじないをすることで、無意識のうちに誰かにすがったり頼ったりしてしまう醜い依存心を消すことができます。

自立心が芽生え、自分の意思で何かを判断することができるようになるはず。

今まで大切な人に迷惑をかけたり、うざがられたりした人も見直してもらえるでしょう。

不倫関係をずるずると続けている人もキッパリやめることができます。

このおまじないをする時は、必ず水道水を流しっぱなしにして納豆を洗い流してください。

器などに溜めた水ではあまり意味がありません。

また、使用した水晶クラスターはしっかりとケアしてあげてください。

このおまじないの効果を更に高めよう

依存心は、人間関係を悪くする原因となります。

恋人に依存しすぎると「重い」と思われますし、別れた後にも「しつこい」と思われるでしょう。

そんな依存心をなくすためには、自分で自分を認めてあげることが大切です。

何でも良いので一度、自分で決めて自分で実行し、自分の力だけでやり遂げてみましょう。

オススメは一人旅です。

自分で行き先を決めて一人で電車に乗り、思ったままに行動してみてください。

「一人でもできた」という満足感と自己肯定感が生まれるでしょう。

するとおまじないもグンと利きやすくなります。

誰かに頼らなくても一人で判断することができるようになるばかりか、明るく前向きな性格になれるでしょう。

自然と周りにたくさんの人が集まるようになり、孤独も怖くなくなります。

↓もっと当たるおまじないを知りたい方はこちらへ!↓

早速試してみる

6月30日まで初回無料キャンペーン中!